大学受験の勉強法@情報館 | 大学受験・英語勉強編

【 大学受験・英語勉強編 】


予備校不要!最新大学受験勉強法・口コミ人気ランキング!

1位【大学入試センター試験対策勉強法】センター試験高得点マニュアル
偏差値40から70へ・センター7割から9割になった「短期で結果の出る」大学受験勉強法 詳細 Click>>

2位国立大学医学部医学科・受験合格術
2315名を合格に導いてきた「大学受験一発合格請負人」書き下ろしの人気のマニュアル 詳細 Click>>

3位試​験​に​受​か​る​ユ​ダ​ヤ​式​記​憶​術​【長期間忘れない脳へ】
正しい記憶法(=記憶術)を身につけることで得点力大幅アップ 詳細 Click>>


大学受験では「英語」がカギを握る!

「大学受験で最重要視している科目はなんですか?」という質問をすると、ほとんどの人が「英語」と答えるようです。英語は、これからの日本社会の中でも大切な科目になってきますし、「英語が得意→資格取得が出来る→就職や進学に役立つ」のように、英語を得意とするメリットは他の科目と比べてはるかに大きいんですね。したがって、各大学でも英語の受験に工夫を凝らすところが多くなってきており、「英語対策」こそ、大学受験のカギを握ると言っても過言ではないでしょう。

しかし、どうすれば英語を攻略することが出来るのでしょうか?英語を苦手科目としている人も多いため、効果的な攻略法があれば、ぜひ実践しておきたいのですが…

そこで、保護者の方と相談して「英語のスクール」に通ってみてはいかがでしょうか?英語攻略の最大のポイントは、「学校英語ではなく、一般英語から攻略を始める」ということです。たとえば進学塾の場合、学校英語に特化した教え方しかしてくれません。しかし英会話スクールの場合、「一般英会話」に特化した授業を受けることが出来ます。これが、「塾」と「スクール」の大きな違いです。塾は学校英語や受験英語をメインターゲットとしており、知識は身に付くものの、苦手意識の克服は難しいと言えるんですね。一方「スクール」の場合、「楽しさ」を強調したレッスンが主流であるため、受験英語に直接結びつく対策にはなりませんが、少なくとも苦手意識の克服は簡単に行うことが出来るんですよ。

苦手意識さえなくなれば、あとは知識を伸ばしていくだけです。「あ~あ、英語の勉強いやだな…」と思うこともないでしょう。しかも、スクールで勉強した英語が受験英語に結びつくこともありますので、「あっ!これ知ってる!」といった感じで、さらに「英語の楽しさ」を知ることも出来るのです。

英語は、その勉強スタイルも様々です。進学塾で勉強する方法もあれば、スクールに通う方法もあります。英語の苦手意識をなくしたいのであれば、まずは学校英語を忘れて、一般英語が勉強できる環境を探すことが大切なんですね。

英単語を少しずつ覚えていこう!

「英単語の習得」、皆さんも苦手ですよね。「英単語の勉強が好きです!」という人は少なく、毎日コツコツと勉強するしかありません。毎日の積み重ねこそ、英単語マスターへの最大の近道と言われているんですね。しかし、英単語の勉強法に関しては、昔と比べて大きな違いが出てきました。飽きやすい英単語の勉強を、「いかにして飽きないようにするか?」について、昔と比べるとはるかに進歩しているのです。そこで、進化した最新の「英単語勉強法」を知って、飽きない勉強法を実践しておきましょう。

まず、「インターネット」を活用しておきましょう。ネット上には、英単語の練習を目的としたゲーム形式のソフトがたくさん存在しています。無料オンラインで遊べるものもたくさんあり、大手の英会話スクールの「会員無料サービス」などの一環として、ゲームの感覚で英単語の習得が出来るのです。また、「ニンテンドーDS」でも英単語の習得を目的としたソフトが発売されていますね。「ニンテンドーDS」のゲーム機本体を持っている人であればぜひ購入してほしいのですが、中古なら安く買える場合もありますので、「Amazon」などで探してみるのも良いでしょう。

また、昔のように小さな単語帳を使って勉強してもよいですし、パソコンの「カーソル機能」を使った勉強法もオススメですね。最近のパソコンのカーソルは、画面上の英単語に合わせると意味を表示してくれる機能が付いていることがあり、英語のサイトなどを見ながら、分からない単語の意味を瞬時に知ることが出来ます。スペリングの練習にはなりませんが、少なくとも単語の知識量を増やす意味では効果があると思いますよ。

単語の練習には様々な方法がありますが、最近ではパソコンやネットを利用した方法がたくさん出ています。ご家庭のパソコンをフルに活用して、毎日少しずつ単語力をつけていくようにしましょう!

「英語読解力」を付けておこう

大学受験の英語の試験では、必ず「長文問題」が出題されます。1つの長文に対していくつかの問題が作られており、長文を読みながら解答していくというパターンなのですが、このような長文問題で最も重要なのが「読解力」です。「読解力」とは、「長文を読んで内容を素早く理解する能力」のことであり、これがなければ長文問題の攻略は出来ないと言えます。

しかし、どうすれば読解力を身につけることが出来るのでしょうか?その方法が分からず、長文問題を苦手としている人も多いはずです。そこで、効率的に読解力を身につける方法を紹介してみましょう。

長文を読んで、「1つ1つの単語は理解できるものの、長文全体の内容が頭に入ってこない」という話をよく聞きますが、これは読解力が不足している「典型例」と言えます。1つ1つの単語は理解しているものの、なぜ全体像が頭に入ってこないのでしょうか?その謎は、「ポイントとして見ている部分が違う」というところにあります。

日本語の長文には「起承転結」という言葉があり、その長文の最も大切な部分は「最後」に表現される場合が多いのです。ところが英語の場合、言語の特徴として、最も大切な部分を「最初」に持ってくる場合が多いため、日本語の感覚で読んでいると、最も大切な部分に「集中して読めていない」ということがあるんですね。

そこで重要になってくるのが「スキミング」です。長文問題は、たいていは段落分けされていると思いますが、まずは各段落の最初の文章だけを訳すことに集中しておきましょう。前述の通り、英語では最も大切な部分を最初に持ってくる傾向があります。したがって、各段落の最初の文章には、その段落の「要点」が書かれていることが多いんですよ。つまり、各段落の最初の文章だけをつなげて訳すと、その長文全体の「要約文」が出来上げると思ってください。

全体の「要約文」を事前に理解していると、その後の解答もかなり楽になるはずです。要約文を最初に作成して理解することこそ、英語の読解力を身につける最大の近道と言えるんですね。

「英字新聞」を読んでみる

「英語は毎日の努力が必要だ」という言葉を聞いたことはありませんか?どんな科目でも毎日の努力が必要なのですが、数学の「公式」や科学の「元素記号」などのように、「覚えればすぐに点数につながる」というのは英語ではあまり見られません。やはり、毎日のコツコツとした努力が、最終的な点数につながっていくのです。

最近の大学受験の英語問題を見ていると、以前と比べて「時事問題」が多く取り扱われるようになっています。とくに難関大学の場合、経済や政治などの「時事問題」が英語の試験で採用されることが多く、英語力だけでなく、時事問題の知識をつけることも、試験突破への大切な要素だと言えるんですよ。しかし、英語力と時事問題の知識を別々に勉強しているようでは、いくら時間があっても足りません。時事問題に使われる英単語は独特のものが多く、出来るなら「英語+時事問題」を一緒に勉強しておきたいところです。

そこで大活躍するのが「英字新聞」です。日本国内の新聞社やマスコミからは、主に英語の勉強を目的とした英字新聞が多く出版されています。それらの英字新聞では、紙面の下の方に重要単語の日本語訳と解説が載っていたり、裏面に記事の日本語訳が印刷されていたりなど、時事問題の知識が付くだけでなく、それと同時に自然と英語力も鍛えることが出来るんですね。

このような英字新聞の購読は、大学受験を控えている受験生の皆さんだけでなく、英語を勉強している社会人の皆さんの購読者も多いんですよ。社会人の皆さんは、とくに時事問題に対する知識をつけることが大切ですので、それと並行して英語力も付く英字新聞は英語学習に欠かせないツールなんですよ。

英字新聞の購読は、自宅に新聞を届けてもらうことも出来ますし、オンラインでの購読も可能です。だいたい月に3~5千円程度で購読できますので、ぜひ購読して毎日のコツコツ努力を目指しておきましょう!

「問題パターン」を知っておこう!

大学受験の英語の試験を突破するためには、「問題パターン」を知っておくことも大切です。英語の試験には様々な問題パターンがありますね。「英作問題」や「単語問題」、「発音問題」に「並び替え問題」、「長文問題」に「マッチング問題」など、実に多くの問題パターンが用意されているのも、英語という科目の大きな特徴なのです(英作問題は最近見かけませんが…)。

試験突破を有利に進めるなら、ぜひこれらの問題パターンを熟知しておくことをオススメします。問題パターンを知ることは、まさに「敵を知る」ことと同じなんですね。いくら英語力が高い人でも、問題パターンと効果的な対策を知らないのであれば、せっかくの英語力も「宝の持ち腐れ」です。逆に、英語力は平均並みでも問題パターンを熟知している人は、合格点をはるかに超えた高得点が取れる可能性があるんですよ。

そこで、書店や各大学のホームページなどを見て、過去問を集められるだけ集めておきましょう。そして解答は後回しにして、まずは「問題パターン」だけをノートに書き出してください。次に、それぞれの問題パターンの解法を考えます。「この問題パターンは、このように解答しておけば大丈夫だな」というように、各問題パターンの簡単な攻略法を見つけておきましょう。

この作業をするだけでも、試験結果に大きな違いが出ると思ってください。たとえば、どれだけ足の速い人がいたとしても、目的地までの「地図」がなければゴールまで最短時間で到達することは出来ません。一方、それほど足が速くない人でも、近道や抜け道が書かれている地図を持っていれば、足の速い人よりも確実にゴールまで早くたどりつけることでしょう。

問題パターンを熟知するということは、この地図を手に入れることだと思ってください。手に入れた地図を頼りに、ぜひ他の受験生よりも早くゴールまでたどりつけるようになっておきましょう!